37歳で結婚した私は38歳で息子を出産しました。

ずっと生理不順などに悩まされていたので、子供に恵まれないかもしれないと思っていたので、子供は息子一人だろうと思っていました。

息子が5歳になった時、私は43歳で思いがけず2人目を妊娠しました。

考えてもみなかったので、このまま出産していいのだろうか、そもそも出産出来るのだろうかとずっと悩んでいました。

夫と息子には妊娠したことを話しましたが、友人や知人にも妊娠したことを告げることもできずにいました。

高年齢であるにもかかわらず、つわりはほとんどなく、体調もそう心配する必要もありませんでした。

いつものように息子と一緒に公園へ行って遊ばせていると、仲の良い男の子とママがやってきました。彼女は最近2人目を出産したばかりです。男の子は新しく開店したお店でふうせんをもらったのがうれしかったらしく自慢しています。私がママに「今日は赤ちゃんはどうしているの?」と聞くと「パパとお留守番しているよ」と言いました。すると息子がいきなり「うちにも赤ちゃんいるんだよ」と言い出しました。

ママはびっくりして「え?赤ちゃんいるの?」と慌てています。そこで私は妊娠したことを告げました。

彼女は「そっかぁ。悩んでいたことに気がつかなくてごめんね。

でも、体調もいいなら大丈夫だよ。神様が大丈夫だから赤ちゃんを届けてくれたんだよ。」と言ってくれました。

私はようやくホッとしました。彼女の言葉をきっかけに妊娠、出産に対して前向きになれました。

まずは息子の幼稚園のママたちに話しました。イベントの準備など手伝えないこともあるからです。

そして、幼稚園の先生にも話しました。急な体調不良でご迷惑をおかけすることもあるかもしれないからです。

ママ友はなかなか言い出せなかった私を責めないでくれました。「どおりで太ったと思ったんだよね」と笑ってくれました。

ママ友は自分の妊娠や出産の経験を話してくれました。

幼稚園の先生は参観日の内容を見直してくれたり、私にイスを用意してくれたりしました。

息子を公園に連れて行くと、息子を見てくれたり、お下がりをもらったりと、とても助かりました。

息子がなぜあのタイミングであのママにカミングアウトしたのかは疑問ですが、彼女で良かったと思っています。

その後も体調は良く、予定日の2日前に無事に出産しました。今は元気な8歳の女の子になり、2人の子供に恵まれて本当に良かったと思っています。

2人目妊娠。思った以上に長女の心は敏感だった。

娘が3歳の頃「うちにもあかちゃん、きてくれないかな」と言うことが増えました。

前々から2・3人子どもが欲しいと思っていましたし、娘に姉妹を作ってあげたいという気持ちもありましたが、

娘が可愛くて夫婦共に娘1人で満足してしまっているところもありました。

しかし、娘も赤ちゃんが欲しいと思ってくれていること、そして仲の良い友達から妊娠報告があったこともあり、

私達もそろそろ2人目を…という気持ちになりました。

娘のとき同様、2人目の赤ちゃんも比較的すぐに授かることが出来ました。

当たり前ですが、1人目の妊娠のときは悪阻があっても自分1人が我慢をすれば良かったのですが、

2人目となると娘のことを見ながら悪阻と闘わなければなりません。

本当に悪阻がひどい人に比べたら私の悪阻なんて比べものにならないかもしれませんが、

それでも娘を見ながら育児家事仕事をこなすことは、なかなか大変でした。

幸いなことにその頃娘は幼稚園に通い始めていたので、昼間は自分の時間(ゆっくり体を休める)をとることが出来ました。

また、敷地内に義両親が住んでいたので料理をするのがキツかったり娘の相手をすることが難しかったりしたら、母屋で娘を見てもらうことも出来ました。

娘も赤ちゃんを楽しみにしてくれていましたし、悪阻で辛いときはお水を持ってきてくれたりお手伝いもよくしてくれたり、とても助かっていました。

私が悪阻でなかなか相手が出来ない分ストレスが溜まらないように、主人が休みのときは公園やお出かけに連れて行ってもらったり、

主人が仕事のときは義両親と遊んでもらったりして、なるべく娘の気持ち的にも負担がかからないようにしてきたつもりでした。

そんなある日、お昼過ぎに幼稚園から電話がありました。上半身全体に蕁麻疹が出てかゆがっていると。

生まれてから今まで蕁麻疹なんて出たことがなかったし、私も主人も出たことがなかったので何事かと思いました。

最初給食でアレルギーが出たのかと思いましたが、病院の先生によると食物アレルギーで蕁麻疹が出る人は実はごく僅かであると聞きました。

何が原因なのか…。それ以来怒られたり娘の体が疲れているときに蕁麻疹が頻繁に出るようになり、気付けば月の大半は蕁麻疹が出て

薬を飲んだり塗ったりするようになっていました。考えられる一番の原因はストレスでした。

娘に配慮して生活しているつもりでしたが、思った以上に娘の心も敏感になっていたのでしょう。

妊娠6ヶ月のときに初めて出た娘の蕁麻疹は2人目が産まれて1ヶ月くらいまでは続きましたが、いつの間にかパタッと出なくなりました。

約4年間1人っ子で、両家初孫だった娘がみんなに可愛がられて育ちました。

娘も望んでいた2人目でしたが、思った以上に心のケアも難しいのだなと思いました。

今では蕁麻疹が出なくなった代わりに、「〇〇には怒ってばっかり!」とヤキモチをやいたりしています。

しかし基本は優しくて弟の面倒をよく見てくれるお姉ちゃん。赤ちゃんはやっぱり無条件に可愛いですが、娘の大切な可愛い我が子です。

2人育児は大変なことも多々ありますが、今しかない2人の成長をよく見て楽しく子育てしていきたいと思っています。

妊活サプリ3つの効果

妊活サプリって、テレビや雑誌でよく耳にするけれどいったいどんなものでしょうか?
また、飲むことでどれだけの効果があるのでしょうか?

私も妊活期間があったので、妊活サプリにはお世話になりました。
今日は、そんな皆様の疑問に詳しくお答えいたします。
妊活をしている皆様が一日でも早く可愛い赤ちゃんに出会えるように、妊活サプリの正しい知識をまとめてみました。

妊活サプリとは?

妊活サプリというのは、どんなものを言うのでしょうか?
まず、妊活サプリには大きく分けて

○妊娠した時の赤ちゃんの成長のために飲むサプリ
○妊娠しやすい体を作るためのサプリ
○不妊に効果ありの妊活サプリ

の3つの効果があります。
昔は、食事から必要な栄養素を取ることしかありませんでしたが、十分な量を食事で補うことはなかなか難しいものです。
こういったサプリメントで手軽に必要な栄養素を補うことができるのは、働く女性が多い現代社会にはとてもありがたいことです。

妊活サプリの効果1.赤ちゃんのために飲みたい葉酸サプリ
妊娠した時の赤ちゃんの成長のために必要な栄養素で、代表的なのが「葉酸」です。
葉酸は、胎児の細胞増殖期にとても必要な栄養素なのです。

その葉酸が不足すると、胎児の神経管閉鎖障害を引き起こす確率が高くなります。
他にも、流産予防、染色体異常の軽減など葉酸はとても重要な働きをしてくれます。
葉酸を摂取することで、発症リスクはかなり抑えられることが研究で発表されています。

では、なぜ葉酸サプリは妊娠期間ではなく、妊娠を考えている妊活期間に必要なのでしょうか?

それは、サプリの効果が薬と違ってゆっくり現れるからです。
最も効果が表れる時期は、受胎の1か月前と言われていて妊娠初期の3か月頃まで続きます。

妊娠が判明してから摂取しても無駄になることは決してありませんが、赤ちゃんが欲しいと思った時から意識して摂取しておくと良いでしょう。

妊活サプリの効果2.妊娠しやすい体づくりには、マカやザクロがおすすめ
初めての妊娠だと知らない方が多いのですが、妊娠検査薬が陽性になったからと言って、妊娠確定とは言えません。

せっかく受精した卵が育たなくては、妊娠に至ることはありません。
妊娠しやすい体づくりは、女性にとってとても大切なことです。

私は、1度流産を経験しています。
もう悲しい思いはしたくないと思い、妊娠しやすい体づくりに励みました。

若いころから冷え性で生理痛がひどく、生理周期もバラバラで悩まされていました。
女性ホルモンを整え、冷え性を改善し血の巡りをよくするために選んだのが「マカ」です。

マカは栄養豊富なうえに、女性ホルモンを整えてくれるので質のいい卵子になります。
古い卵子は、受精しても妊娠に至らないことが多いですが、質のいい元気な卵子は妊娠しやすいです。

種がたくさん生るザクロは昔から子宝に恵まれるアイテムとして知られていますが、マカ同様に女性ホルモンを整える作用があります。
ザクロには血管拡張作用のポリフェノールがたっぷり入っているので、血の巡りを良くし、冷え性改善につながります。
質のいい卵子を作って、妊娠しやすい体作りをしましょう。

妊活サプリの効果3.不妊に効果があるのは、ミトコンドリア
女性は35歳を過ぎると卵子も老化していくと言われています。

急激に妊娠が難しくなっていくのです。
卵が老化していくと、流産率はグンと上がります。
また、染色体異常の子どもが生まれやすいというリスクもあるのです。

そんな加齢による不妊に効果があるのが、ミトコンドリアです。
卵子は老化すると、ミトコンドリアの機能が働かなくなっていきます。

それによって、染色体異常が発生し流産につながってしまったり、卵の成長が途中で止まってしまったりして、育たず流産してしまうということになりかねません。

老化してしまった卵子を若返らせる方法はありませんが、これ以上の老化を防ぐために役立つのがミトコンドリアです。
作られる卵子の数も加齢ともに減ってきてしまいますが、残された卵子を大切にするためにミトコンドリアが活躍してくれるわけです。

妊活サプリは女性用だけではない!

妊活サプリというと女性側の商品だと思われがちですが、そうではありません。
男性不妊という言葉をしっていますか?

男性の精子が作られていなかったり、数が少なかったりして、男性側に不妊の問題があることを言います。
こういった問題を改善するためにも、妊活サプリは役立ちします。

特に上記のミトコンドリアは男性の精子の質を高めるためによく使われるサプリです。
女性だけではなく男性も一緒に赤ちゃんのことを考え、健康な卵を作る生活を送りましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ここでは大きく分けて妊活サプリには3つの効果があることをご紹介いたしました。
それぞれ抱える妊活の不安な点は違います。

生理周期を整えたいのか、卵の質を高めたいのか、悩みに合ったサプリ選びをして、充実した妊活ライフを送りましょう。
1日でも早く赤ちゃんがやってきてくれるように応援しています。

監修サイト様

妊活サプリランキング〜管理栄養士が教える妊活夫婦におすすめサプリ